スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さわやか季節の田植え完了

 餅米田植えは筋定盤を使って。
 後景はよその家の田植え機。
        P5250422.jpg
 八幡団子は餅とうるち半々のブレンドコメ粉使用。
 この田から2俵半ほどの餅米が収穫できる。
        P5300445.jpg
 こちらはコシヒカリ。日曜日に田植え機がぬかって代掻きからやり直し。
 今朝はかたずを飲んで見守る中、無事終了。
 でもまわりは深いので、用心して貴重なお手植え田植え。
 秋には自然乾燥してネパールカレーと八幡団子で食します。
 
        P5260432.jpg
 東京品川からのお客様です。Mちゃんは坂下町出身。
 二人で八幡団子の大ファン。
 喜んでもらえるのがなにより嬉しい、嬉しい。
 
        P5230413.jpg
        「何処から下ろうかな?」

 山登りが好きになってきた二人にも案内したい西会津町の山。
 
 大倉山 950m 23日(水) 
「筍の栽培地の先からは、道型がまったくなく背丈ほども
 ある熊笹と藻木の密生林を登り詰めると三等三角点の標石
 がある山頂となる・・・」ガイダンスより
 今回も『いわきの山遊人』さんの案内で、坂下町のNさん
 Iさんと4人で。
 沢にはまだたくさんの雪。藪こぎの途中で熊のうんこ。
 「まだタレタばかりだよ」と山遊人さん。
 一瞬緊張する同行人。
 3時間の格闘の後のIさんの入れてくれたコーヒーの
 うまいこと!道なき道を行く山遊びの後だからよけいに。
 頑固親父のふところ深く「来れるものなら登って来い」と
 見守っているような 奥深い西会津町の山々。
 おみやげいっぱい。コシアブラ、タラノメ、ワラビ。
 そして、藪こぎの上半身の疲労感も。
 闘い済んで日が暮れて~快い疲れの帰り道。
 会津百名山踏破したいNさん、まだまだこれからです。
 『いわきの山遊人』さんとの出会いに感謝感激。
 これからもよろしく御願いします。
 
 土日祭日のお店で「また来ます!」
 と言ってもらえるように、ウイークデーでリフレッシュ。
 茶房 石竹花の5月が終わります。
 6月もお待ちしています。


 

 


 

 


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

茶房石竹花

Author:茶房石竹花
人間より動物の方がたくさん棲息しているような山里で甘いお菓子とおいしい飲み物を準備してお待ちしています。どっぷり山の中で過ごす快適さをあなたに伝えたい私です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。